ポンニュー TOP > 2011年09月05日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
このエントリーをはてなブックマークに追加 web拍手 by FC2

武田邦彦「東北や関東で作られる食材・工業製品などは全て汚染されているm9( ゚д゚)」

http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1315103967

1 :名無しさん@涙目です。(京都府) 2011/09/04(日) 11:39:27.40 ID:4YM0TgV8P BE:1917423656-PLT(12121) ポイント特典
東北のノート、トイレットペーパー、CDは買えるか? / 武田邦彦

日本は法治国家である。超法規的な殿様はいない。決まりは決まりである。
原子力発電所ができ、身の回りに「放射性物質」が溢れるのではないかと心配されたので、日本政府(我らの政府)は「クリアランス・レベル」というのを決めた。それは最近のことである。
身の周りに放射性物質があるが「これぐらいなら汚染されていないとして良いだろう」というのを原発からの廃棄物を基準にして決めた。
それが「クリアランス・レベル」であり、1年に0.01ミリシーベルト以下のものとされた。この議論はかなり前からあって、
私も原子力安全委員会の部会やアイソトープ協会の会議で審議に加わったことがある。慎重に審議され、膨大なデータが提供され、その結果、「0.01ミリ」となり、罰則は懲役1年である。

東北や関東の放射線は今、「1年20ミリ」になっている。クリアランス・レベルの2000倍だから、そこで作られる食材、工業製品などはすべて「汚染された物」として取り扱わなければならない。
ここで注意しなければならないのは、「被曝側」から言えば1年1ミリでこれは外部被曝や内部被曝の全部を含む。
それに対して「生産者側」から言えば1年0.01ミリで、被曝側から見れば、製品を100ヶ買っても1ミリにならないという「100倍ルール」が適応されていることだ。

いずれにしても、1年0.01ミリという廃棄物規制は日本政府がみずから決めたものであり、それは当然、生産物にも適応される。
つまり福島原発からでた放射性物質は廃棄物だから、それに汚染された製品は「表面に廃棄物がついたもの」だからである。
被曝限度として国際的に定められている1年1ミリ(被曝側)を無視すれば輸出もできないし、観光客も来ない。それは外国人だけではなく、日本国内のものも同じである。

日本は法治国家だから、東北や関東のノート、トイレットペーパー、CDは買わない方がよい。製品の表面に「この製品は1年0.01ミリの被曝を下回っています」と書いてあれば買うことができる。
事実、すでに大手の企業は外国に輸出する製品の汚染度を調べ、その結果をつけて輸出しているところが多い。日本人だけは被曝させるというのでは、実業者として社会的な責任を果たしていないと思う。

http://news.livedoor.com/article/detail/5834698/


武田邦彦 (中部大学): プロフィール
・主たる活動
中部大学 教授  (所属: 総合工学研究所)
高知工科大学客員教授,多摩美術大学非常勤講師
日本ラッド・取締役(非常勤)
内閣府原子力委員会専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員
名古屋市経営アドバイザー、名古屋ウェストライオンズクラブ会員
日本工学教育協会特別教育士、シニアー創造学院客員教授、 青森県鰺ヶ沢町顧問、(株)ユーテック顧問、富山環境顧問
旭化成工業株式会社・社友、 芝浦工業大学・名誉賛助員 名古屋大学高等研究院・院友
第一種放射線取扱主任者





2 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 2011/09/04(日) 11:40:39.32 ID:FSljRUcE0
いよいよ日本人がガミラス人に進化するのか



スポンサーサイト
ポンニューについて

POM

話題のニュースをご紹介
『読むだけで賢くなる』2chまとめ


更新情報はコチラ
RSS  Twitter

当ブログはリンクフリーです
ご意見・ご要望、記事に関するご指摘などありましたらメールフォームよりご連絡ください


相互リンク・相互RSSをしていただけるサイト様を募集しています。
詳しくはポンニューについてをご覧ください。

逆アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。